生ビールの生って何のこと?意外と知らない「生」の意味を解説!

What does draft beer mean?

居酒屋で合い言葉のようによく言われるこの言葉。

「とりあえず生で!」

ここでひとつ問題です。

Q. 生ビールの生とは何のことでしょうか?

あなたは答えられますか?

今回の記事では、意外と知られていない生ビールの生の意味についての豆知識を解説します!

成分は一緒

まず成分についてですが、生かどうかは成分に関係ありません。

そのため、基本的に成分は一緒です。

では何が生かどうかを決めるかと言うと、それは製造方法

次の章で、「生」とは何かを解説します。

生の意味は製造方法にアリ

ビールが生かどうかの違いは、製造方法によって決まります。

生ビールの製造工程は、大まかに以下のようになっています。

  1. 原料を揃える
  2. 製麦:発芽させて麦芽(モルト)にする
  3. 発酵準備:モルトを砕いてお湯と混ぜ、麦汁にする
  4. 発酵:酵母を入れて発酵させる。アルコールと炭酸ガスができる
  5. 低温発酵:最後まで発酵させる
  6. ろ過・熱処理:ろ過または熱処理で酵母を取り除く(クラフトビールはしないものも多い)
  7. パッケージ:瓶や缶、または樽に入れて出荷

この中に、生かどうかを決めるポイントがあります。

それは6のろ過・熱処理の工程です。

熱処理には

  • 酵母菌の活動を停止させ、必要以上に発酵させないようにする
  • 雑菌の活動を停止させる

という目的がありましたが、最近では技術も向上し、雑菌がほとんど入らないように作ることができます。

そのため、熱処理を行なわずにろ過するだけで良くなったのです。

熱処理をしないことでキレのある味わいを出せるようになり、現在ではほとんどのビールがろ過のみとなっています。

ですので、実は今売っているビールのほとんどが生!

居酒屋だけでなく、スーパーやコンビニで売っているビールも、生ビールだと言えます。

生じゃないビールってあるの?

Craft Beer Styles

こうなってくると、「逆に生じゃないビールってあるの?」と疑問になるところ。

その答えは、イエスです。

熱処理をしたビールはキレこそ生に劣るものの、飲んだあとまで残る苦みや酸味の味わいがクセになる味わい。

そのため、今でもクラシックスタイルとして愛され、販売されています。

例えば、「赤星」で知られるサッポロラガービールだとか、キリンクラシックラガーなどが挙げられます。

時代の変化を感じつつ、飲み比べてみると楽しそうですよね!

まとめ

結論として、生ビールの「生」は製造工程の中で「熱処理をしているかどうか」によって決まります。

熱を加えていない⇒生。まさにという感じですね!

良かったら飲み会のときにでも、この豆知識をご披露してください!

広告